尿酸値 が高い人は脂質の取り過ぎに注意!EPAとIPAはお勧め!

 

当サイトにお越しありがとうございます。当サイトを運営している中島です。

 

尿酸値が高い人は、脂質と上手に付き合っていく必要があります。

 

尿酸値と脂質の関係についてみていきましょう。


尿酸値と脂質の関係とは?

動物性脂質が尿酸値を上昇させる

動物性脂質は、尿酸値を上げる原因になっています。脂質は、1g当たりが9キロカロリーもあるので、エネルギーを持っています。取り過ぎればそれだけ、肥満や脂質異常症、高血圧になる可能性が高くなります。

 

尿酸値が高い人は、肥満である人が多いので、食生活の改善をする事が大切です。尿酸値が高い人に限って脂っこい物が好きなので、揚げ物、とんかつのロース、焼肉、お菓子などは注意して食べるようにした方がいいです。

脂質にも色々とある

脂質は、脂肪酸で構成されているのですが、脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。某輪脂肪酸は減らした方がいい脂肪です。

 

飽和脂肪酸は、肉や乳製品に多く含まれていて、血中コレステロールや中性脂肪を上げる働きがあります。そのため、取り過ぎたり、生活習慣が悪いと動脈硬化の恐れが出てきます。

 

逆に、不法脂肪酸は、魚に多く含まれ英手、特にIPAやEPA(n-3系脂肪酸)には、コレステロールと中性脂肪を下げる働きがあるので、積極的に摂るべき脂質です。